まねきねこのきままブログ

シンママ×会社員ときどきブログ

【子育て中ママが教える】撮り貯めた写真データ収納方法

子供の成長記録など撮り貯めている写真データの整理に困ってないですか?

出産から節目のイベント等たくさんの写真がスマホなどにそのままってことも良くある話です。

私もiPhoneのデータがいっぱいになるまで放置で、いっぱいになったらようやくパソコンに保存します。でも、その保存したデータは保存しっぱなし…

今は誕生日やイベントの時かどこかおでかけした時ぐらいしか写真は撮らないのですが、子供が2歳ぐらいまでは毎日何かできる事が増え、その都度写真を撮っていたので、気づけば写真データが数千枚ととんでもないデータが貯まってしまいました。

 

 

f:id:manekineko8:20200428083253p:plain

 

データのままの残して置くのも、何かの拍子でパソコンが壊れたとかDVD-Rに焼いてもそれが破損したとかで…と考えるとキリがなくなりますよね。

HDDに保存という方法もありますが、なんせ機械音痴でもありPC系は苦手なため、簡単に取り掛かれるものにしました。

 

そこで子供が大きくなるまでに何とか写真を残せる方法をといといろ錯誤し下記の方法にたどりついたのでご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

Year Album(イヤーアルバム)

まずは、フォトブックを作成することにしました。

しかし、自作するには時間もないしセンスもないので写真屋さんでやっているフォトブックで作成することにしました。

 

フォトブックもいろいろ種類があるので迷いますがイヤーアルバムがおすすめです。

 

アルバムのサイズはA5とA4から選べます。

我が家は子供が手に取りやすいようにA5サイズにしました。

 
デザインも豊富です。

我が家はモザイクカラーの3色を1年ごとに色違いで使用しています。

 

パソコンに保存しているデータから撮影期間を選択すると、そこから自動的にアルバムのレイアウトを作成してくれます。

自動的に笑顔が良く撮れている写真としてレイアウトしてくれますが、そこはしっかり自分の目で写真を選ぶことをおすすめします。

もちろん自分でお好みにレイアウトの変更もできます。

 

 

 

イヤーアルバムは我が家では本当に重宝しています。

子供の誕生日ごとに1年間の撮り貯めた写真を1冊のフォトアルバムにしています。

これでもしも写真データを紛失したり破損してしまってもアルバムで残せるので安心です。

 

 

ポリプロピレンアルバム 

L判が264枚も収納できます。しかも1冊550円です。

 

 息子の通う幼稚園は行事ごとに写真の販売をしているのですが、注文はネット注文になったのですが、写真はデータで購入できず、現像したものを購入するようになります。

なので現像した写真も相当貯まっていたので、ポリプロピレンアルバムを使用することにしました。

 

 よくある大容量フリーアルバムは、大きく重いのでなかなか気軽に取り出せないものが多く、収納スペースにも困っていましたが、こちらは背巾は15mmと薄いので、増えても収納スペースはそこまで必要ありません。

 

修了写真などは大きいサイズで渡されるのですが、大きいポケットもあるのでそちらに保管するようにしています。

 

ポストカードを入れてコメントを残しておくのも良いですね。

 

 

まとめ

上記2点の写真の保存方法はとてもシンプルで、子育て中の忙しいママにもおすすめです。

 

子供が大きくなり、結婚したり自分の子供ができた時に小さい時の写真を見返すと思うので、なるべくわかりやすく保存しておければなと思っています。

 

ブライダルプランナーをしている時、生い立ちのmovieを作成する際に、小さい時の写真がないという若い子が多いので、自分の子供にはしっかり残してあげたいと思いました。

 

我が家の息子は最近私の子供のころのアルバムを引っ張り出してきて見るのが楽しいみたいなので、次の世代にもしっかり写真を残していこうと思っています。